TORCH RELAY

Click to start

circle

shape

いま、
あなたの心に
火はついて
いますか?

prologue

circle

心に火をつける。
これが、私の”好きなこと”です。

これまでの人生では、「やるべきこと」や
「求められたこと」を一心不乱に
やってきました。

その結果、若いうちから、
本当に多くの得難い経験を
させてもらうことができました。
人生の前半戦はそれなりに「濃い人生」だったと
自負しています。

でも人生の後半戦は「濃い人生」より
“粋な人生”を歩みたいと思いました。
だから、自分の“好きなこと”をやろう。
そのように決めました。

「善いこと」でも、
「需要があること」でもなく、
“好きなこと”をやりたい。
ただ、それだけです。

ですが幸せなことに、
私の”好きなこと”を必要としてくれる人が
いることに気がつきました。
だから、この”好きなこと”を仕事にしよう。
そのように決めました。

少し長くなりますが、
これから私の“好きなこと”について、
お話したいと思います。

circle

circle

episode 01

「心に火が
ついている」とは

「心に火がついている」とは

心に火がついている。

これがどういう状態のことを指すのか。
まずは、そこからお話したいと思います。

この言葉からイメージすることは、
人によって多少異なると思いますので、
別の言葉を用いて、私の考えをお伝えします。

 ゆうおうまいしん「勇往邁進」
この言葉をご存知でしょうか。

「勇往邁進」とは、
「目標や目的に向かって、
困難を恐れることなく、勇んで前進すること」
という意味で使われます。

「勇往」とは勇んで前進すること、
「邁進」とは気後れすることなく
一心に進むことを意味しており、

同じ意味を重ねることで
「意気盛んに進むさま」を
強調した
四字熟語です。

目標に向かって突き進むという意味において、
「勇往邁進」と似ている言葉に
「猪突猛進」があります。

この「猪突猛進」が
周囲の状況を考えずに突き進むという、
少しネガティブな意味で
使われることがあるのに対し、

「勇往邁進」は
一生懸命に目的に向かって
励んでいる様子を表す言葉で、
ポジティブな意味で使われます。

そしてこの
「勇往邁進している状態」というのが、
私の考える「心に火がついている状態」の
ことだと
思ってください。

circle

circle

episode 02

「心に火をつける」

人の為ならず

「心に火をつける」は人の為ならず

これまで、私は
「心に火をつける」という言葉と向き合い続け、
多くの「心に火がついている人」と
「心に火がついていない人」の違いを
洞察してきました。

またキャリアを積み重ねていく中で、
幸いにもたくさんの仲間や同僚、
部下を持つ立場に恵まれたことから、
「誰かの心に火をつける」ことを
求められる場に臨むことも多くありました。

そして、不思議なことに、
「心に火がついた人」が、
成長していく姿を見ることで、
私の心の火が、
より大きくなるという経験をしました。

「心に火をつける」は人の為ならず。

情けは人の為ならず、という言葉のように、
人の心に火をつけることが、
巡り巡って自分の心にも火をつける。
「心に火をつける」ことの奥深さを学びました。

こうして手探りながら
「心に火をつける」の実践を
繰り返していくうちに、
私は「心に火をつける」ことが
すっかり“好き”になってしまいました。

どんなに忙しくても、
どんなに疲れていても、
「心に火をつける」ことだけは
やめられない。
そんな感覚です。

circle

circle

episode 03

「心に火が
ついている人」の
共通点

「心に火がついている人」の共通点

しかし当時の私は
「心に火をつける」ことはできても、
「どうすれば心に火がつくのか」を
説明することはできませんでした。

そこで次第に
「心に火がつくメカニズム」を解明したいと
思うようになりました。

そうして日々考えていたところ、
「心に火がついている人」には
一つの共通点があることに気がつきます。
そのきっかけは、先ほどお話した
「勇往邁進」という言葉にありました。

繰り返しになりますが、「勇往邁進」とは、
「目標や目的に向かって、
困難を恐れることなく、
勇んで前進すること」です。

この文章は、大きく2つの要素に分解できます。

① 目標や目的
② 困難を恐れずに、勇んで前進する

あなたは、このどちらが
より大切な要素だと思いますか?

「勇往邁進」という漢字からして、
②を選ぶ人が多いかもしれません。
でも私は、①の「目標や目的」の方が
大切な要素だと思いました。

なぜなら「目標や目的」がなければ、
そもそも「前進する」という“行動”も、
その行動に伴う「困難を恐れずに」や
「勇んで」という“姿勢”にも
出番がありません。

そして、
この「目標や目的を持っている」
ということこそが、
「心に火がついている人」の共通点だと、
私は考えました。

circle

circle

episode 04

そこに山があるか

そこに山があるか

目標や目的を持つことの大切さを
より深く理解してもらうために、
このことを「山登り」にたとえて
説明したいと思います。

目標や目的→山
前進する→登る

と置き換えて考えてみてください。

そうすると、
「目標や目的に向かって前進する」
ということは、
「山に登る」ということになります。

ここで、これまでお話ししてきたことを
整理すると、
以下のようになります。

心に火がついている人とは、
勇往邁進している人。
勇往邁進している人とは、
目標や目的に向かって前進している人。
目標や目的に向かって前進している人とは、
山に登っている人。

つまり、「心に火がついている人」とは、
「山に登っている人」と言えます。

ここで考えていただきたいのが
「山」の存在です。
もし、山がなければどうなりますか。

そうです。登れない。
当たり前のことですが、
山がなければ登れません。
ということは、
「心に火がつかない」ということです。

そこに「山」があるか。
そこに「目標や目的」があるか。

目標や目的を持つことの大切さを
理解してもらえましたでしょうか。

episode 05

まず、
登る山を決める

まず、登る山を決める

circle

「心に火がついている人」と
「心に火がついていない人」の差は、
決してその人の能力の差ではありません。

登る山を決めて、その山に登っているかどうか。
それだけです。

だから私は心に火がついていない人には、
「まず登る山を決めよう」と
アドバイスをするようにしています。

ただし、誤解をしないでください。
登る山は、
いきなりエベレストでなくてもいいのです。

富士山も、高尾山も、
公園の砂場でつくった山も、
すべて立派な山です。

心に火をつける上で大切なことは、
「山の高低」ではなく、
「山に登ること」です。

そういった「山登り」を
何度も何度も繰り返しているうちに、
「登るべき山」ではなく、
「登りたい山」に巡り合う。

その登りたいと思える山の中から、
「人生をかけて登りたい」と思える山を選ぶ。

それを私たちは「志」と
呼ぶのではないでしょうか。

そして、
「志」という名の山に登っている人は、
「心の火が消えない人」なのだと思います。

circle

circle

circle

episode 06

暗闇の中に
いる人に、
たいまつ“松明”を手渡す

暗闇の中にいる人に、たいまつ“松明”を手渡す

これまでの話から、
「自分で自分の心に
火をつけることができる人」は、

「自分で登る山を
見つけることができる人」
ということになります。

でも私は、そのような方は
圧倒的少数だと思うのです。

私も含め、多くの方は、
自分で山を見つけることが、
いつもできるわけではない。

また、自分で山を見つけることが
できる人であっても、
なかなか山を見つけることが
できない時もあると思います。

つまり人生では、
山を見つけられない時が、誰にでもある。
心の火が消えている時が、誰にでもある。

そんな暗闇の中にいる人に、
“松明”を手渡したい。
なぜなら、それが私の“好きなこと”であり、
必要とされることだからです。

circle

circle

episode 07

ティーチングでもなく、

コーチングでもなく、

トーチング

ティーチングでもなく、コーチングでもなく、トーチング

circle

「心に火をつける」こととは、
相手のモチベーションが上がるように、
何か良いアドバイスをしてあげること。

ある時まではそのように考えていました。

でも「心に火がつく現場」に
何度も臨んでいるうちに、
それは「心に火をつける」ことの
一部でしかない
ということに気がつきました。

「心に火をつける」うえで、最も大切なこと。
それは、その人の“登る山”を
一緒に見つけることです。

暗闇で山が見えなければ、
”登る山”を見つけることはできない。
“登る山”を見つけることができなければ、
山に登れない。

だから暗闇の中にいる人に、
“松明”を手渡し、
周囲を明るく照らして、
一緒になってその人が“登る山”を見つける。

これが「心に火をつける」ことの出発点であり、
最も大切なことです。

ただし、その人が無事に
”登る山”を見つけることができ、
いざ山に登り始めたとしても、

山の途中で道に迷ったり、
急な悪天候に襲われたり、
目の前が真っ暗になることもあると思います。

そんな時にも、
そっと目の前を明るく照らしてくれる
“松明”が手元にあれば、
勇気を持って前進することが
できるかもしれません。

山を見つけるための“松明”
山に登るための“松明”
それは、心に火をつけるための“松明”です。

松明は英語でtorch(トーチ)と訳され、
torchには「松明の火で照らす」という
動詞の意味もあります。

だから「暗闇の中にいる人に、
“松明”を手渡すこと」を、
私は「トーチング(torching)」と
呼ぶことにしました。

そして、
“教えること”に主眼を置いた
ティーチング(teaching)や、
“引き出すこと”に主眼を置いた
コーチング(coaching)ではなく、

私は“心に火をつけること”に主眼を置いた
トーチング(torching)をやっていきたい。

そう決意しました。

circle

circle

episode 08

心の火をつなぐ

心の火をつなぐ

オリンピックの聖火。
それは、“消えてはならない火”です。

聖火は、ギリシャのオリンピア遺跡で、
太陽を利用してトーチに採火され、
聖火ランナーによって世界中を巡って、
オリンピック開催地まで届けられます。

そのトーチをバトンにして行われるリレーを
聖火リレー、またはトーチリレーと呼びます。

同じく、“消えてはならない火”があります。
それは心の火です。

ある人に手渡した“松明”が、
その人の心に火をつけ、
その人がまた違う誰かに“松明”を手渡し、
その誰かの心に火をつける。

この“松明”をバトンにして行われる
「心の聖火リレー」を
国を越えて、時代を超えて、つないでいきたい。

これが社名に込めた願いです。

circle

epilogue

いま、
あなたの
心に火は
ついていますか?

いま、あなたの心に火はついていますか?

いま、登る山は見えていますか。

いま、山道で迷っていませんか。

いま、あなたの心に火はついていますか?

いま、あなたが暗闇の中にいるのなら、
私に“好きなこと”をやらせてください。
あなたに、“松明”を手渡します。

一緒に「あなた」から始まる
トーチリレーの口火を切りましょう。

トーチングに興味のある方はこちら